発達障害の子供の家庭療育

広汎性発達障害と診断された、もうすぐ5歳になる息子がいます。病院やデイサービスでの療育だけでなく、家庭でできる療育をあれこれ試しています!日常のこぼれ話も。

家庭療育の本

買いっぱなしになっていた言葉かけの本の言葉が心に刺さる

FullSizeRender



だいぶ前、息子が発達障害と診断されたころに、大量に購入した発達障害関係の本の中の1ページです。

積みゲーならぬ積み本になりかけていたのですが、ネットで情報収集中に、療育アドバイザーさんがおすすめしていた本のリストにあったので、最近また引っ張り出して読んでいます。


こちらです




文章がとてもわかりやすく、かわいい挿絵や4コマ漫画で具体的に説明されているので、スッと頭に入ってきます。

基本的に、見開き1ページに1項目で完結しているので、いま必要そうなページを重点的に読み込むような使い方もできますね!


NG例とOK例ページの左右に載っていたりするのですが、今見ると、意外とNG例のようなことばかりしているなぁと反省することしきりです。
(´・ω・`)

上に写真で上げていますが、「注意ばかりしていませんか?」という言葉、グッと刺さりました。。。

「〇〇しないで」とか、「〇〇しちゃダメでしょ」とか、よく言ってるなぁと。

本当に命が危なくなるかもしれないようなことなど、厳しく言わないといけない時は確かにありますが、そうでもない時でも注意ばかりになってる自分に気づきました。



にほんブログ村テーマ 障害がある子供の子育てへ
障害がある子供の子育て


にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています



このページの左には、「ではどういう言葉かけをすればいいのか」について具体的に書かれています。

言い方ひとつで、子どもの感じ方が変わってくるし、ほめる機会を自然と増やすことができるんだなと、目からウロコでした!


いつも感情的に怒ってばかりだと、子どもはそれに慣れてしまって、どんどん厳しく怒らないといけなくなりますよね。

でも逆に、普段は穏やかに子どもを肯定するような言葉かけを心掛けていれば、いざという時の厳しさがピリッと効くのだそうです。



この本に紹介されている言葉かけも、ABA(応用行動分析)が用いられているので、この間ご紹介した本とリンクするところも多々あり、今後併用して参考にしていきたいと思います。


  




登録するとLINEで更新をお知らせします♪





ランキングに参加しています



にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

ポチっと応援クリックしてもらえると励みになります!


今日の家庭療育プログラム01

balanceball_boy

登録するとLINEで更新をお知らせします♪




日中、息子は保育園に通っているため、帰宅後に少しずつ家庭療育を実践しています。

あらかじめ決めて準備しておいた方が、少ない時間で効率よくできるので、お迎えに行くまでに何をするかを考えておくようにしました。



↓参考にしている本です






今日のメニューは、


・バランスボールで体感覚を鍛える



親が支えて、子どもをボールの上に座らせ、上下にぼいんぼいんとリズミカルに跳ねさせます。
さらに、子どもの手を取ってボールの上に立たせ、玉乗りのようにすると、とっても楽しいみたいです♪



・動作模倣

親の身振り手振りを、子どもが真似する遊びです。
親が「あたま」と言いながら頭をさわると、子どもも真似して頭にさわる、といった感じで行います。

「あたま」、「お鼻」、「おくち」、あたりはよくできていたので、今日は「おめめ」、「おひざ」、「おしり」、「おみみ」など、レパートリーを増やしたいです!

グーチョキパーや、指を使った「1、2、3・・・」もいいですね。
息子は1,2,3、5はきちんとできるのですが、なぜか4が苦手です(笑)。



・パズル

息子はパズルが好きなようで、以前はバラバラにするばかりでしたが、最近はわかる範囲でちゃんともとに戻そうという行動がみられるようになりました。

  
↑病院での療育で訓練士さんが良く使ってます。


家では、息子の好きな救急車や消防車、パトカーなどの車が描かれたジグソーパズルを一緒にやります。




これらと並行して、目合わせ(お互いの目線を合わせる)、指さし(欲しいものを指さす)、などを日常生活の中で教えていきたいと思っています。

なかなかやることがいっぱいで、親の方が忘れそうです(笑)。



にほんブログ村テーマ 障害がある子供の子育てへ
障害がある子供の子育て




ランキングに参加しています



にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ



家庭療育を迷わず楽しく進めるための参考書

study_daigakusei_woman

↓登録していただけると、LINEで更新をお知らせします♪




最近、いろんなことを考えすぎてがんじがらめになってしまい、何から手を付けたらいいのかわからなくなってしまったので、この2冊の本を参考にしながら、改めて家庭療育にチャレンジしています。


   


どちらも「ABA」と呼ばれる、応用行動分析学に基づいて書かれており、具体的な進め方やポイントがステップごとに分かれていて、とてもわかりやすいです!


息子と一緒に、最初のステップから実践してみているのですが、できるかな?と思っていた課題でも、やらせてみると意外とできたりするので、息子の成長を感じました。(´∀`*)


逆に、できるだろうと思ったことにつまずいてしまうこともあり、強化すべき点がわかるので、これからの目標も立てやすいです。



にほんブログ村テーマ 障害がある子供の子育てへ
障害がある子供の子育て



手作り教材のことも書かれているので、参考にしてまたいろいろ作ってみたいと思います。



にほんブログ村テーマ ハンドメイド・手作りおもちゃ系へ
ハンドメイド・手作りおもちゃ系




ランキングに参加しています



にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

応援クリックありがとうございます!


ランキングに参加しています




にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

♡応援クリックお願いします♡
楽天市場
記事検索
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード