balanceball_boy

登録するとLINEで更新をお知らせします♪




日中、息子は保育園に通っているため、帰宅後に少しずつ家庭療育を実践しています。

あらかじめ決めて準備しておいた方が、少ない時間で効率よくできるので、お迎えに行くまでに何をするかを考えておくようにしました。



↓参考にしている本です






今日のメニューは、


・バランスボールで体感覚を鍛える



親が支えて、子どもをボールの上に座らせ、上下にぼいんぼいんとリズミカルに跳ねさせます。
さらに、子どもの手を取ってボールの上に立たせ、玉乗りのようにすると、とっても楽しいみたいです♪



・動作模倣

親の身振り手振りを、子どもが真似する遊びです。
親が「あたま」と言いながら頭をさわると、子どもも真似して頭にさわる、といった感じで行います。

「あたま」、「お鼻」、「おくち」、あたりはよくできていたので、今日は「おめめ」、「おひざ」、「おしり」、「おみみ」など、レパートリーを増やしたいです!

グーチョキパーや、指を使った「1、2、3・・・」もいいですね。
息子は1,2,3、5はきちんとできるのですが、なぜか4が苦手です(笑)。



・パズル

息子はパズルが好きなようで、以前はバラバラにするばかりでしたが、最近はわかる範囲でちゃんともとに戻そうという行動がみられるようになりました。

  
↑病院での療育で訓練士さんが良く使ってます。


家では、息子の好きな救急車や消防車、パトカーなどの車が描かれたジグソーパズルを一緒にやります。




これらと並行して、目合わせ(お互いの目線を合わせる)、指さし(欲しいものを指さす)、などを日常生活の中で教えていきたいと思っています。

なかなかやることがいっぱいで、親の方が忘れそうです(笑)。



にほんブログ村テーマ 障害がある子供の子育てへ
障害がある子供の子育て




ランキングに参加しています



にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ